公式ブログ

公式ブログ

ホーム > 

最近多い空冷ポルシェ ファンシュラウドトラブル

ブログ, ポルシェ作業事例

2017年11月30日


空冷ポルシェで最近多くなってきているトラブル。

空冷ファンシュラウドの変形によるインペラーとの擦れ。最悪はインペラーの破損

にも繋がるトラブルです。

今回は1995y ポルシェ993。

シュラウド単体にすると色々な所に経年劣化による変形やクラックが見られます。

シュラウドの裏側、オルタネーターを固定する4個の穴もよく見ると内側に

反って変形してたりもします。

酷い物はこのように穴が崩れはじめてる物も…

このトラブル、964・993にかかわらず930系にもよくみられます。

964・993はお高いですがまだ純正部品の供給もあります。930系については

現在、純正部品の供給が無いのでリプロなどで対応するかしかありません。

ポルシェ964 ビレットタイプタペットカバー

ブログ, ポルシェ作業事例

2017年11月09日


ポルシェ964定番オイル洩れ箇所のタペットカバー。

1991yモデル位までの前期型964はこのようなタペットカバーを使用

していて熱による経年劣化でオイル洩れをおこすのは有名なお話。

こんな風にズタボロになってしまいます。

後期型では以前の930系に使用していたようなアルミ製に変更になってます。

ただお値段が…非常に高価!!

そこで登場する機会が増えているのが社外製ではありますがアルミ削りだし

のビレットタイプカバー。純正に比べると少し重いですが価格的には純正

の半分くらいで済みます。ってことで使用してみました。。。

ウォッシャータンクが空に… ポルシェ993

ポルシェ作業事例

2017年10月26日


車検整備でお預かりしてますポルシェ993。

ウォッシャーの警告灯が点いてるので聞いてみるとウォッシャータンクを

満タンにしても2~3日でまた点いてしまうということ。

何処からか洩れてるのでしょうとタンク廻りを点検してみてもまったく洩れ

てくる箇所が判らない。。。

で、ふとした事で発見したのがヘッドライトウォッシャー。

よく見るとノズルから少しずつ垂れてきてます。気のせいかと思い拭いても拭いても

時間が経つとまた涙のように濡れてます。

原因はこのバルブ。ウォッシャーモーターとノズルの間に付いてる

逆流防止弁。

着いてる場所がまたフロントバンパーの奥の方でどうにも上手く手が入りません。

交換するにはバンパーを外した方が早いですね。。。

降ろし作業中!!

当店らしい?!感じで各々降ろし作業中。

本日からリフト2基共に降ろし作業に入ってしまった為、リフトを使うような

クイック作業は少しの間お受けできなくなります。。。

ポルシェ964はクラッチOH。

ローバーミニは遣れてきてしまったリアのサブフレーム交換。

どっちが先に終るでしょう…

1989yポルシェ911ターボ ブローオフバルブ

ポルシェ作業事例

2017年09月21日


ほんと昔はチューニングカー的な物にしか付いていなかった

ブローオフバルブ。ポルシェさんはそんな物も普通に付いて

ます。タービンの保護や立ち上がりを良くする為の部品で街中

のお兄ちゃん車が”パシューンッ”って音をたててるが大気開放

にしてるそのバルブ。メーカー純正な物は大気解放してないので

そんな音はしませんが…

そんなバルブが古くなってくるとアクセルを吹かす度に”カッコーン”って

音を出し始めます。突然出る物でなく徐々に音が大きくなってくるので

オーナー様も気が付かない事が多いです。

バルブの場所はインタ-クーラーの下の赤印部分に組み込まれてます。

音の原因は写真下の銀色のピストン。本来は音が出ないように

イカリングみたいなブッシュが両端に入っていて金属同士が直接

当たらないようにしてます。今回のお車はブッシュが粉々状態でした。

ポルシェ カイエン カルダンシャフト交換

ポルシェ作業事例

2017年09月12日


知り合いの業者様からの依頼で空冷ではありませんがポルシェ カイエンの

カルダンシャフト交換作業です。

知らないでコンパニオンプレート(昔、よくMベンツなどで交換した人気部品?!)を外してしまいましたが

シャフトASSYを頼んだら付いてきてました。(写真右側が新品)

センターベアリングがこのように破損してます。

ココだけの交換も可能ですがどうもこうなるのはシャフト自体に問題があるようで

今までに何度も部品番号が変更になってるみたいです。

と、言う事でASSY交換をオススメしての作業。

部品もポルシェの番号からでなく兄弟車のVWの番号からオーダーしたほうが

全然お安いみたいです。

物は大きく重たいですが作業自体はそれほどの重労働ではないです。

でも空冷屋の当店ではあまりやらない作業かな。。。

ポルシェ ホイールロック

ポルシェ作業事例

2017年08月24日


ポルシェ964まで採用されていたキータイプのホイールロック。

現在では部品の供給も終了していてオーダーすると993で採用された

専用ソケット式の物になってしまいます。

よくこのようにキャップが無くキー穴が丸見えのお車を拝見します。

本来はこのようにキャップが付くのですが…

今回お預かりした964は3本ともに付いてませんでした。

あまり知られていないようですがキー式ロックASSYは生産終了してますが

このキャップは供給あります。。。

窓ガラスが落っこちちゃったポルシェ993

ポルシェ作業事例

2017年08月11日


窓ガラスが落っこちてしまったポルシェ993。

原因を調べる為、内張りを剥がしてみるとご覧のとおりガラスを支えているチャンネルという

部品が腐食していてレール部分が見当たらない。。。

 

ドアの袋の底に落っこちてました。レギュレーターの滑車が入るはずのレール部分。

上が腐食して壊れたドアチャンネル。

下が新品部品。本来は溶接され一体となってるんです。

結構、珍しいトラブルでした。。。

 

で、明日12日(土)から週明けて16日(水)まで夏休みを頂きます。

17日(木)から通常通り営業しますので宜しくお願い致します。

ポルシェ911ターボ ブローオフバルブ

ポルシェ作業事例

2017年08月01日


1986y ポルシェ911ターボのブローオフバルブ修理。

機能的に壊れてるわけではないのですがアクセルのON/OFFで結構イイ感じ

の”カッコンッ”って音が出ます。ちょっと限度超えてるかな?って事でバラします。

インタークーラーを外すとスロットルの横らへんに(赤印)います。

中にはスプリングとピストンが納められてます。

写真忘れてしまいましたがこの両端にゴムっぽいガスケットが入ってるのですが

これがボロボロになってきてピストンが直接ハウジングに当たり音が出るんです。

ポルシェ964 空冷ファン廻りをリフレッシュ

ポルシェ作業事例

2017年07月25日


以前に空冷ファンとハウジングが干渉し応急的にファンのブレードを削って

対処した1990yモデル ポルシェ964。

原因は主にファンだけでなくハウジング側の経年劣化であろう歪み。

で、今回思い切って空冷ファン廻りを一式リフレッシュするという事で何点か本国

バックオーダー物もあったのですがすべて揃ったのでご入庫いただきました。

ハウジング・ファンブレードのほか、オルタネーターはオーバーホールし、

ベルトプーリーも交換しちゃいます。

仕上がりはこんな感じ。新品ファンに黄金色に光ってるプーリーが眩しい。。。

カテゴリー


空白