公式ブログ

公式ブログ

ホーム > 

販売車 撮影中!!

暫らくポルシェの販売在庫車両が無い状態が続いておりましたが

やっとこ1台入庫致しました。

1996yモデル ポルシェ 993 TipS

只今、コンディションをチェックしながらホームページ用写真を撮影しております。

ついでにミニクーパーも撮影中!!

こちらも同じ1996年モデル。

両車、今週中にはホームページにアップする予定ですので細かいスペックは

少々お待ちを。。。

ポルシェ964 エアコンガス漏れ

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年10月31日


微妙に季節はずれですがポルシェ964のエアコンガス漏れ修理。

定番のエバポレーター交換です。

作業はガソリンタンクを外してから本体を外していきます。

外したエバポレーター。だいぶ汚れてます。。。

新品のエバポレーターに交換して組み付けです。

当店では現在、純正のメーカーではなく形は全く同じですが素材が良さげげな

社外メーカー品を使用しています。

外したエバポレーターは洩れ検知用の蛍光剤がいたる所に見て取れる状態でした。

これでは1シーズンもたないですね。。。

ローバーミニ ファンベルト鳴き

ファンベルトを新品にしても暫らくすると鳴き初めてしまうトラブル。

色々と原因は考えられるのですが今回のトラブルの原因はファンベルトプーリー

の腐食っぽい。特にクランクプーリーのベルト当り面の状態が酷いので交換する

事に。

ついでにオイル洩れも酷くなってきてるようなのである程度その辺も対処します。

クランクプーリーを外してフロントカバーを外すとタイミングチェーンが出てきます。

で、その辺のガスケットを交換していく作業となります。

タイミングチェーン一式を外してきれいに磨き新しいガスケットで組み直します。

今回のメインのクランクプーリー。純正プーリーでも良いのですが写真右の

社外品を今回は使用します。何気に精度は純正の比にならない位良くできております。

作業終了してしまうとラジエターやらで殆ど隠れてしまうのが

残念な位キレイな造りです。。。

買取車!!

ブログ

2018年09月29日


当店としては専門外ではありますが買取しましたジープ。

ラングラー アンリミテッド サハラ

昨年登録でワンオーナー13,000kmという走行距離。

外装色は”ライノー”というソリッドのグレー。

内装は黒革でナビ・バックカメラ・ETCなど一通り付いてます。

専門外の車種なので業界オークションに出品しようかと思いますが

ご興味ある方、今ならまだ店頭にありますのでご一報お待ちしております!!

ポルシェ964 バッテリーカットオフスイッチ取付

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年09月27日


たまにオーダーをいただく作業。

バッテリーカットオフスイッチの取り付けです。

通常良く見かけるのはこのような簡易的ダイヤル式の物。お値段もお手ごろで

取り付けも簡単ではあります。

が、今回のポルシェ964オーナー様もこのダイヤル式を使用してたのですが

ここのところ接触不良を起こしたり”バチッバチッ”って火花が出る事もあった

ようで…

そのまま使ってると最悪クルマのコンピューターを破損したりしかねません。

で、当店で使用してるのがこのレバー式。

ダイヤル式に比べれて信頼性は格段に良いかと。。。

見た目はキルスイッチのようですがあくまでもバッテリーアースの制御なので

キルスイッチではありません。

ご興味ある方はご相談ください。因みに部品だけの販売はいたしておりません

ので悪しからず。。。

ポルシェ993 ショックアブソーバー交換 ~純正にて~

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年08月26日


ポルシェ993のショックアブソーバー交換。

いつもは社外のビルシュタイン製を使う事が多いのですが

今回は純正品を使用してみました。

同様のリアショック。

で、フロントの写真ではベローズで隠れていたりして気がつく人も少ないと

思いますがリアのスタビブラケットが今までの純正品とは違う。でもなんか見た

ことあるブラケット!?

そうです。。。純正品もメーカーが ボーゲ → モンロー ときて現在ではビルシュ

タインに変更されたんです。

でも社外製ビルシュタインとは違ってグリーンに塗装されきちんとビルシュタイン

の部品番号ではなくポルシェの部品番号&マークが入ってます。

何が違うかはこれからアライメント調整して走らせてみないとですね。。。

ローバーミニ ブレーキフルード洩れ

ローバーミニのブレーキフルード洩れ。

突然、ブレーキペダルがフニャフニャになり床まで踏んでやっと効く感じに。。。

恐らく何処かで洩れが発生しエアを咬んでしまったのでしょう。

マスターバックごと外したブレーキマスターシリンダー。

何故にマスターバックごと外したかと言うと…

ご覧の通りマスターバック側に洩れたブレーキフルードが!?

とりあえずキレイに清掃してマスターバックを点検。

今回はブレーキフルードによる腐食なども無い様なので再使用します。

勿論マスターシリンダーは交換です。

定期的に点検をして頂いていればペダルが落ち込む前に対処できたはず。

こんな事にならないよう定期点検はしましょうね。。。

ポルシェ964 納車点検整備スタート!!

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年06月14日


先日、突然のキャンセルからの新たにご成約いただきました

1992y ポルシェ964C2 5MT マリタイムブルー。

キャンセルされてしまった方は遠方の方で今回ご成約いただいたのは

わりとお近くでご納車後もお付き合いできそうという事で結果OK!!な感じ。

ある程度整備部品も揃ってきたので納車点検整備スタートです!!

半分私的にやらせていただきたいい?!整備メニューも盛り込まれてたり…

ご納車まで結構なお時間を要するような整備メニューですが頑張らなくては。。。

 

実は商談中だったのですが…

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年04月11日


当店、今や唯一の商品在庫車の1992yモデル ポルシェ964C2  5MT車。

先日、商談が入り申込金も入っていたのですが先方様の諸事情によりキャンセルと

なってしまいました。。。

その間、何件かお問い合わせも頂いていたのですが微妙にお断りをしてしまいました

がまだ在庫しておりますのでご検討されていた方、いらっしゃいましたらどうぞご来店

ください。お待ちしております!!

1988yポルシェ911カレラ リアスタビライザー修理

ブログ, ポルシェ作業事例

2018年04月07日


車検整備でお預かりの1988y ポルシェ911カレラ。

下回りの点検でリアスタビライザーブラケットの破損を発見。

確かに走行中も後ろのほうで”ギシッ”っとたまに変な音も確認できていました。

スタビライザーを外すとブラケットがパックリ割れてます。

ブラケット自体はブヒン供給はあるもののボディに溶接で取付けられています。

作業的にはこのように新しいブラケットを溶接しての作業となりますが

何より大変なのは古いブラケットを剥がす作業。。。

新しいブラケットを溶接して取付けて溶接箇所は錆びないように防錆剤を

塗ります。この後、目立たないようにシャーシブラック等で化粧してあげて

終了となります。

若干、筋肉痛な作業です。。

カテゴリー


空白